2008年12月12日

LOST!!

大好きな歌、Joan Osbornの"One Of Us"のLOSTバージョンがありました。むかーし、グラミー賞にノミネートされたことをうっすらと覚えています。
神の存在について歌った曲で、歌詞も興味深いのですが、とにかくこの曲の雰囲気がとっても好きなのです。いかにも哀愁漂うカントリーって感じで、出だしの演奏からたまらんのです。

LOSTは未見なのですが、PVの曲と映像が不思議とマッチしていたせいか、ますます見たくなりました。スリリングなストーリーという印象しかなかったんだけど、老若男女、様々な人種の人たちも出ていて人間ドラマも満載なのかな?、イメージが変わりました。

24にも出てた(ERにもそういえば少し出てた)あの韓国系の俳優さん(ダニエル・デイ・キム)やロズウェルのテス(懐かしぃ〜!!)も出てたし。
(そして今気づいたんだが、韓国人の奥さん役の人はあの『シュリ』に出てた女優さんだったんですね!!お美しい…。)

ダニエル・デイ・キムさんは正直好みじゃなかったんですけど、色気ありますねぇ〜!!
このPV見て、ものすごくかっこよく見えてしまいました。(自分だけ?!)
一応、アメリカではセクシーな俳優に選ばれていたようですが…。
one-of-us.jpg
One Of Us / Joan Osborn(歌詞)
もし神に名前をつけるとしたら
どんな名前になるのだろう
そして、彼に面と向かって言えるだろうか
彼と対面できたら
神への栄光に対して
1つだけ質問を許されるなら、何を聞こうか

神は偉大だ 神は尊大だ
もし神が、我々の一人だったらどうするのだろう
我々みたいな怠け者のようだったら
バスに乗ってる見知らぬ人のようだったら
家路に向かう人のようだったら

もし神に顔があったら
どんな顔をしているのだろう
そして、見てみたいと思うだろうか
もし見るという事が
天国などといった事を
信じなければならないとしても
イエスや聖者や得などのことも

神は偉大だ 神は尊大だ
もし神が、我々の一人だったらどうするだろう
我々みたいな怠け者のようだったら
家路に向かう人のようだったら
一人 天国に帰る途中
誰も電話をかけてあげない
法王は例外、ローマからかけてるかもしれないけど
家路に向かう途中
聖なるローリング・ストーン(転がる石)のように

そしてカントリーつながりということでもう一つ。シェリル・クロウの"Home"です。
このPVには南部の田舎町の人たちがたくさん映っているんですが、なんだか見入ってしまうんですよねぇ…。そして、シェリル姉さんが格好良すぎです!
home.jpg
posted by tmy at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

Alanaネタ2つ目

こちらは日本でもヒットしたRegina Spektorの"Fidelity"をカバーしたものです。何かのコンテストで歌ったみたいですね。
Reginaのあの独特な歌い方も大好きなのですが、これはこれでまたいいです!ほんと上手い。声の伸びがきれい…。しかも小道具を使って演出しちゃってるところがまたかわいいw

Alana Grace sings "Fidelty" for Colgate Contest
fidelity.jpg


こちらは前回の記事で紹介した彼女のヒット曲のライブバージョンです。
CDと変わらない(CDよりいいかも)!!一度生で聞いてみたいなぁ。感情たっぷりこめて気持ちよさそうに歌っている姿が印象的です。
(※途中から画質が良くなります。)

Alana Grace singing "Black Roses Red" Live
black-roses-red.jpg
posted by tmy at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

Alana Grace - "Black Roses Red"

以前、Yahoo! Musicで聞いて気に入った曲です。歌っているのは若干20歳のAlana Grace(アラーナ・グレイス)ちゃん。
どことなく顔がVanessa Carlton(ヴァネッサ・カールトン)に似ていて、彼女をロックな雰囲気にした感じ子という印象です。
Avril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)やMichelle Branch(ミシェル・ブランチ)あたりが好きならおすすめです。
alana-149.jpg

そんな彼女、キャリアが長くてものすごく上手いんです!!『旅するジーンズと16歳の夏/トラベリング・パンツ』のサントラにも入っています。
myspaceでフレリク送ったらなんとthanksメールまでくれちゃいました!なんてイイ子なんだろう…。いつか来日したい言っていたので、日本で会える日も近いかもしれません♪
youtubeで検索したら、ファイナル・ファンタジーやゴシップ・ガール、Wolf & Virginia(これは知らないんだけど、アメリカでは人気があるドラマみたい)などの映像を使って作られたものがありました。

…そして、その中にドーソンズ・クリークの"ペイシーとジョーイ"カップルのモノもあったんです(ドーソンとのもありました)
実はこれがきっかけで再びこのドラマにハマったんですよねぇ〜…!!ぴかぴか(新しい)
前回の記事参照)。
Joey and Pacey - "Black Roses Red"
joey-and-pacey.jpg
posted by tmy at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月15日

またまた音楽ネタ

社会人になってから見る機会が減ってしまったけれども、NHKで深夜に不定期に放送されているMUSIC BOX(ミュージックボックス)という番組。ナレーションはなく、ひたすら映像をバックに音楽を流し続ける番組なのですが、これがなかなかいいのです。何種類かのバージョンがあって、その中でも年代編が人気のようなのですが、洋楽編が特に好きです。
年代編はその時代の流行歌をバックに、その当時の人々や光景が写っている映像が興味深く、洋楽編は大自然の映像と共に流れる曲が渋くていいのです。この番組の淡々とした感じが、深夜に一人で起きてる時の静けさとマッチして実に落ち着いた気分になれます。

この番組を見てなかったら、聞く機会がなかったであろう曲のご紹介。
@Fade Into You / Mazzy Star
ATeardrop / Massive Attack(↓)
teardrop.jpg

初めてこの2曲を聞いたとき、NHKなのに、しかもかなり前に製作されたであろう番組なのに、随分とセンスのいい選曲をする人がいるんだなぁ〜!!と軽く興奮した覚えがあります。

〜番外編〜
時の過ぎゆくままに('75)/沢田研二
これも年代編で知り、とても素敵な曲だと思いました。


Collected  Mezzanine Blue Lines Protection ロイヤル・ストレート・フラッシュ
posted by tmy at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月13日

とりあえず見てみて!

Fort Minor "Where'd You Go"
where'd-you-go.jpg

Linkin parkの要として活躍してきたマイク・シノダが新たに立ち上げたプロジェクト・Fort Minorの一曲。曲自体もいいんだけれども、これはPVもいい。ドキュメンタリー調になっていて、曲の歌詞とリンクしていて見応えがあります。

主人公は3つの家族。
彼らの共通点は、家族の不在により孤独感を味わっているということ。
一人目は息子をイラク戦争で亡くしてしまった黒人夫婦。
二人目は、両親が離婚し、一家の頭としての責任を負うことになってしまった女の子。
三人目は野球選手の奥さん。産まれたばかりの双子の赤ちゃんもいます。

そしてこのPVで華を添えているのが、Holly Brook(ホリー・ブルック)。弱冠20歳ながら、長らくシンガーソングライターとして活動してきた彼女なのですが、今回プロジェクトメンバーとして大抜擢されたとのこと。細い身体(胸の形もきれいそう笑。)にベビーピンクのキャミソールをまとい、ダイニングテーブルにちょこんと座って淡々と歌っている姿が可憐と言うか、とにかくかわいいです。

彼女といい、マイク・シノダといい、冷静に見たら不法侵入者みたいだけれども(しかも歌ってるしw)、見終わった後、軽くウルっと来てしまいます。ちなみに最近結婚したマイクの奥さんAnnaも、この曲を聞くと旦那さんがツアーで長期間いなくなることを思い出して泣いてしまうんだって・゚・(ノД`)・゚・。 ウワァーン。

******************************************************
※オマケ
PVの冒頭と最後のセリフのスクリプト、発見しますた!("`д´)ゞ

【冒頭】
マイク:
What's the hardest part of coping with your son's leaving?

黒人の奥さん:
It was difficult when he first was deployed to Iraq.
We never worn the process that he was gonna go.
It was like the ripping.
You know, I'd tried not to cry, but my heart, my inner... it was just like "that's my baby".

女の子:
It's hard job to be the oldest and the headman of the house.

マイク:
And what's it like having others responsibilites?

女の子:
Horrible, it's just horrible.
Ever since my father and mom have broken up it's been just cleaning, it's just cleaning, cleaning, cleaning.

マイク:
Do you think it would help to have older brother?

女の子:
Yes, it gotta be fine if i've got two older brothers and they would both share work.

野球選手の奥さん:
It's tough coz we during the off-season spend almost 24 hours a day together.
So then when the season happends I feel like "what am i gonna do with myself?".
I'm dreading the most the fact that he has to be away from his... kids and that the kids gonna be away from their father.
It's hard to be away from each other... it's hard.


【最後】
女の子:
The hardest part of it is just watching the kids.

マイク:
Do you think it would be easier if you could (got throughout) gather for around hour or...?

野球選手の奥さん:
Yeah...
When he's lying next to me it's like we're exact the same person and... we do a lot of together and I just miss that so much.
Even holding hands... anything... it's hard to explain, but it' hard.

ザ・ライジング・タイド(初回限定バリュー・プライス) Like Blood Like Honey Rising Tied
posted by tmy at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。